あなたのマンションは大丈夫? 未対策の水道管は管内の劣化・腐食(赤錆化)が進行中

費用対効果”早期の対策で更新工事費用を削減できます。”

MR 工法-LL システムは、他の配管更生工事や配管更新(交換)と比較し、約1/15 ~ 1/5 の費用で導入でき、配管の保守(更生・延命)が図られます。

費用グラフ

※クリックすると拡大表示されます。

PDF

MR工法装置:効果のメカニズム(推定)

画像1

励起状態の水は、水分子の摩擦等により還元電子を断続的に発生し、配管内の基底部に形成される黒サビ
(磁性体)に吸引され、固着化した赤サビを基底部より黒サビへと還元させます。

画像2

還元現象(作用)の進行と共に、固着化した赤サビは体積収縮を起し、体積が10分の1以下の固い不動態の
黒サビへと変化していき、黒サビ層の増大により管内の保護及び強度の向上が期待できます。

メールでのお問い合わせはこちら

特長とメリット

1)確実な効果
御採用いただいたすべての建物で、その効果を実証済み。
2)実績
ビル・マンション・病院・ホテル・学校・施設・大手プラント・工場などで実績多数。
3)安全性
水と直接接触しない、配管外部設置型

設置箇所

MR 工法-LL システムは、他の配管更正工事や配管更新(交換)と比較し、約1/15 ~ 1/5 の費用で導入でき、配管の保守(更生・延命)が図られます。

高架水槽方式

高架水槽方式

増圧直結給水方式

増圧直結給水方式

メールでのお問い合わせはこちら

MR工法-LLシステム

MR 工法‐LL システムは圧縮エアーによる高周波等を利用した給水管洗浄と最先端技術によるMR 工法装置で構成され、劣化した配管を交換(更新)せずに、施工後数十年継続使用を可能とさせる効果保証を付帯した、トータル的な技術(工事システム)です。

内視鏡による調査

管材/経年数 13年 赤錆閉塞率:70.3% 15年 赤錆閉塞率:47.3% 18年 赤錆閉塞率:38.3%
塩化ビニルライニング鋼管 画像1 画像2 画像3
東京都内マンション 横浜市内マンション 埼玉県内マンション
地上5階建・32戸 地上7階建・34戸 地上8階建・103戸
調査箇所:量水器配管 調査箇所:量水器配管 調査箇所:トイレ給水管
21年 赤錆閉塞率:69.5% 25年 赤錆閉塞率:86.0% 32年 赤錆閉塞率:70.1%
画像4 画像5 画像6
横浜市内マンション 東京都内マンション 東京都内マンション
地上10階建・46戸 地上6階建・19戸 地上5階建・10戸
調査箇所:量水器配管 調査箇所:量水器配管 調査箇所:洗面所給水管

※上記写真の黒線囲い部分=赤錆化部分 ※劣化・腐食は給水方式や通水量(使用量)等により異なります。

検証例1
横浜市内Nマンション [地上7階建て]
総戸数:88戸
築年数:18年(導入時)
理事長のコメント
水道管の対策工事が後回しになり予算が少なくなっていた時期に、LLシステムで予算の範囲内で経費も削減され、効果も確認し喜んでいます。

施工前/施工後

検証例2
横浜市内Lマンション  [地上10階建]
総戸数:107戸
築年数:21年(導入時)
理事長のコメント
効果が確かなことで委員一同驚いています。
この工法を導入して将来的に安心しています。

施工前/施工後

検証例3
横浜市内Uマンション  [地上11階建]
総戸数:46戸
築年数:32年(導入時)
理事長のコメント
配管更新を検討する時期に予算が無く悩んで
いたところ、費用も安価で効果保証を信頼し
LLシステムを導入しました。

施工前/施工後

検証例
東京都内Kマンション  [地上6階建]
総戸数:19戸
築年数:25年(導入時)
理事長のコメント
1年後の内視鏡調査で、錆の進行が無いことに安心し、長期的に閉塞が改善するとのことで、LLシステムをやってよかったと考えています。

施工前/施工後

<赤水対策工事>横浜市内Hマンションの場合

私達のマンションは築18年の建物です。特に水道からは赤水赤錆が出たとの声が住民から寄せられたことはありませんでした。

ある新聞で住まい相談についての記事を見ていましたら、築後16年の建物で漏水が有り調査したら量水器の住居内側が赤錆があり、それが原因で継ぎ手に亀裂が生じたと診断され工事をしたと書いてありました。この記事を他の理事と検討し、私達の建物で同様の検査をしたら50数パーセントの錆の状態を発見した次第です。

建物全住居56戸も同様であると判断し、配管の更生工事を修繕委員会で研究した結果、設置事例・効果事例もあるホリハマのMR工法LLシステムでの対策に決定しました。

<赤水対策工事>横浜市内Nマンションの場合

築20年、6階建の賃貸マンションを保有しているオーナーです。最上階の私の部屋で漏水が発生し、5階部分の部屋に迷惑をかけました。調査の結果、水道量水器より部屋内で水道管の継ぎ手部分にヒビが入り、その箇所からの漏水と判明しました。工事で抜管した結果、管内を見ると赤錆の付着が著しく、愕然としました。工事費用、予算がなく、どうしたものかと検討中にホームページでホリハマのMR工法LLシステムを知り、相談した次第です。設置工事後の1年効果検証には安心しています。

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP