主剤・硬化剤の混合吹付け方式で、単なる吹付け工法とは違います。

  • 防水膜で超硬化吹付けします。
  • 下地の凹凸に関係なくクラック部分をカバーします。
  • 金物等一切不要でシームレス仕上げとなります。

主剤(ウレタン剤)と硬化剤をスプレーガンの先端で混合して吹き付ける、衝突混合方式です。

作業風景

メールでのお問い合わせはこちら

<屋上防水工事>横浜市内Aマンションの場合 

築20年経過しているマンションですが、他の理事と屋上に上がりましたら想像を超えた屋上の劣化クラックが無数にある状況を発見した次第です。

工事予算も少ない管理組合で、撤去せずに直接ウレタン塗膜を吹付けるホリハマの工法を知り、採用しました。この工法は10年の瑕疵保証付きである事も組合員が納得した点です。

<屋上防水工事>東京都内Bマンションの場合

築18年のマンション管理組合の新任理事です。役員全員で巡回チェックしました。その結果は驚くべく内容で、外壁・鉄部又屋上の劣化が著しい事を確認しました。とりあえず屋上防水工事からとの意見が出され、国交省の情報でホリハマのウレタン塗膜密着工法を知りました。建物を長寿化する考え、瑕疵保証付きの安心工法に十分納得した点です。

現在は屋上防水工事を完成させ、引き続き外壁補修工事、シーリング工事、鉄部塗装工事についてホリハマの担当者に相談中です。ホリハマの社員、業者の対応には安心しています。

作業風景1

作業風景2

作業風景3

作業風景4

メールでのお問い合わせはこちら

当社の「ウレタン防水層」には溶剤や軟化剤を全く含まない材料を使用しておりますので、広い温度範囲で弾性が維持でき、また機械的強度・耐摩擦性・耐候性・耐薬品性などに優れています。
10年毎のトップコートの塗布により保証を実現しました。

工事施工後に 1 年 3 年の定期点検を実施
仕上がりの確かさを検証します。

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP