あなたは・・・管理組合理事の皆様、賃貸オーナー様、建物(マンション)の屋上の現状をご存知ですか!?

北区Kマンション:平場部の劣化がみられ、下層階の天井より雨水の侵入の跡があり施工 (120㎡)築23年の屋上防水施工例

屋上防水工事 施工前の屋上の状況

  • 既存防水膜継ぎ目部分が劣化しクラック(亀裂)が見られます。 (既存防水:ウレタン塗膜)
  • 既存防水膜が劣化し剥がれかかっています。

ウレタン塗装着工法 クラック充填防水・ジェット噴射スプレー方式による施工

予測されるトラブル等

・クラック(亀裂)から水が浸入すると躯体鉄筋の爆裂等を引き起こし、躯体強度を下げ、建物寿命を縮めてしまいます。

・クラック(亀裂)から水が染込み漏水の原因になります。

屋上防水工事 施工後の屋上の状況

屋上防水工事施工後の改善点

・防水施工で平場等のクラックを充填し、下層部への漏れが無くなりました。

・遮熱塗料(トップコート)の塗布により、表面温度12℃低下(14時測定)を実現!

・メーカー保証/瑕疵保険登録業者です。

< 屋上防水工事 施工前・施工後 事例紹介一覧へ戻る

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP